ヒノキの話

今日は、桧のことを少しご紹介したいと思います。


「桧(ひのき)」というと、「檜風呂」や「檜舞台」を思い浮かべる方が多いかもしれません。日本の伝統的な場所で使われているイメージがありますね。

 

 

そのとおり「桧(ひのき)」は、世界の中で日本と台湾にのみ分布すると言われており、日本の誇る木材です。

 

また「桧(ひのき)」は建材として最高品質と称され、耐久性に優れている上、緻密で伐採後千年以上経過しても強度に変化がないと言われています。

 

そのほかにも、「吸湿性に優れている」ことや「結露が少なく保温性がある」こと、また「桧の香り」などの特色があり、日本では古くから利用されてきました。特に寺院や神社の建材として、欠かせないものです。


世界最古(!)の木造建築と言われる法隆寺がヒノキで建てられていることからも、ヒノキの力が感じられますね。

▲このページのトップへ